17ライブ(イチナナ)

17ライブ稼げないはホント?素人の一般ライバーがイチナナで報酬をゲットするコツには?

目安時間 15分
17live 稼げない
  • コピーしました

スポンサードリンク

 

いま人気が急上昇している動画配信サービスに「17ライブ」があります。年齢や性別に関係なく、スマホ1台あれば配信ができる手軽さが魅力です。

 

また、報酬を獲得する条件が単純で、収入が発生するまでの条件や制限が少ないのもメリットです。そこで、17ライブの報酬の仕組みや稼ぎ方のコツを解説していきます。

 

「17ライブを始めてみたいけど稼げるかな?」

「17ライブは稼げないと聞いたけど…」

「実際に配信しているけど稼げない」

 

と不安に思う方へ、まずは「17ライブで稼げない理由」からスタートします。

17ライブは稼げない?儲からないライバーがやりがちは理由とは?

17ライブで稼げないライバーがやってしまうのには、いくつかの理由があります。

 

まず、配信ライブにおいてリスナーに対する態度は視聴回数に大きく関係してきます。

視聴回数が伸びる人は、リスナーへの「挨拶(あいさつ)」や気遣い(配慮)などあらゆる面で気を配っています。

 

配信者の態度や言葉遣いが悪かったり乱暴だったり、発言内容に問題があったりすると、それだけで観客は離れていきます。

 

ライブについては日程や配信ペースも大切なポイントです。

 


出来るだけ定期的に配信を行うことが重要で、「月曜日は○○さんのライブの日だ」とか「1日置きだから今日はあるな」と思ってもらえれば、リスナーから積極的にアクセスしてきてくれます。

できれば毎日配信が理想ですが、配信のペースをなるべく一定にし不定期にならないようにスケジューリングしましょう。

 

また、前回の配信から次回の配信の期間が時間が空いてしまうと、リスナーの興味も段々と薄れてしまいます。多くの人気ライバーが集まっている17ライブではすぐに埋もれてしまい、配信日も忘れてしまわれる可能性が高まります。

 

では、17ライブで稼ぐにはどうしたらいいのか?17ライブの報酬発生の仕組みから詳しく解説していきます。

 

17ライブ収入の仕組みとは?報酬発生の流れを解説。

17ライブでのライブ配信で収入が入ってくる仕組みを説明します。

まず、17ライブの「限定イベント」に参加してポイントを手に入れるか、ライブ配信時にリスナーから「投げ銭」と呼ばれるギフトもらうことで報酬が発生するようになっています。

 

17ライブで収入が発生するのは「完全成果報酬制」となっているということです。

したがって、17ライブで稼げないと思っている方は、ライブ配信でリスナーを増やしていく必要があります。

 

17ライブ報酬の内訳は、投げ銭で得た報酬から17ライブの「利用手数料」が引かれて、ライバーに支払われる報酬金額となります。

 

17ライブの「還元率」は公表されていませんが、動画配信サービスの一般的な相場としては、還元率2割から3割程度です。

 

視聴回数に応じた報酬もある

また、ライブ配信の視聴回数に応じて分配される報酬の仕組みもあります。視聴回数1000回毎に1ドルの報酬が発生します(換算時の通貨レートによって実際の報酬(円建て)は変化します。

 


YouTubeなどの動画配信サービスの場合、広告収入を得るまでのハードルが高いと言わ

れます。1アカウントでの合計の動画視聴回数だったり、チャンネル登録者数、「いいね」の総数などです。


しかし、17ライブの場合は、報酬を得るまでのハードルが比較的低めと言えます。まずは動画配信で収入が欲しい、金額は少なくてもコツコツ収入を増やしたいという配信者にマッチしたプラットフォームいえるでしょう。

素人の一般ライバーで収入はいくら稼げる?

17ライブ 報酬

現在ではライブ配信のアプリやサービスが普及しましたが、その中で17ライブはどれくらい稼げる媒体なのでしょうか?具体的な収入金額など見てみましょう。

17ライブの発表によると。2020年2月から4月の調査で、月収3万円以上のライバー(ライブ配信者)が6,701人、月収6万円以上になると4,206人という結果になってます。

また、最新のデータ(2020年6月~8月)では、月収3万円以上が12,303人、月収6万円以上が8,430人と短期間の間で急速に稼ぐライバーが増加しています。

 

17ライブは台湾で誕生したライブ配信サービスですが、いまや全世界にグローバル展開しています。世界中に4,500万人以上のユーザー数がいるといわれています。

 

素人(非認証ライバー)や配信初心者の方でも、月数万円の収入であれば、学生アルバイトや主婦のパート感覚で稼げるサービスです。

 


イチナナでの配信はスマホがあれば誰でもスタートできますので、会社員の副業としても新たな方法としても注目を集めています。


また、17ライブ内のコンテンツとして参加者みんなが盛り上がる各種のイベントや、オーディションやコンテスト形式のイベントも計画しています。17ライブ発の新たなスターが誕生するのもそう遠くはない現実かもしれませんね。

 

素人の一般ライバーがイチナナで稼ぐコツとは?

17ライブで全くの素人の一般ライバーが人気者になって稼いでいくには、視聴者を増やす事が先決です。

 

配信を行う場合、毎日配信が出来るのであれば、そのペースを出来るだけ守りながら配信を行います。毎日配信されていると、いつでもリスナーは視聴出来るチャンスを得られるからです。

 

配信を見に来てくれた人に対しては、丁寧に対応していくと良いでしょう。挨拶から始まり、リスナーの名前を呼びながらコメントを読んで答えたり、そのコメントから話題を広げたりします。

 

ライバーのリスナーへの対応が良くなると、リスナーからの印象も良いものになっていくのでライブ配信をリピートして観に来てくれる事がが増えていきます。

 

トーク力を磨こう

トークに自信がある人は、リスナーへの対応が丁寧であったり、話し易かったりする傾向があります。

 

「自分はトークが苦手」と思うなら、知識のあるジャンルや得意な事を話すようにします。今話題になっている事を取り上げ、率直な感想を述べたり、毎日配信を行う事で次第にトークに慣れてくるでしょう。

 

特技や趣味があるなら、その特技に纏わる内容で構成するとライブ配信がし易くなります。特技をリスナーに見せる事で、ライブ配信による緊張を和らげ、多くの人々を楽しませる事が出来ます。

 

17ライブに限らず「ライブ配信」においては、個性を出すという事も大切です。リスナーに、多くのライバーの中から自分に興味を持ってもらうには、何か他の人とは違うところを見せると良いです。

 

しかし、過剰に個性を出すと、苦手に思う人がいるので、その辺りはバランスを考慮して個性を出していきます。

リスナーを飽きさせない工夫を

ライブ配信では、配信者の生の反応を楽しむのが醍醐味である為、配信者とリスナーのコミュニケーションは大切です。


リスナーからのコメントに答えたり、コメントから話題を広げたりといった工夫を行っていないと、リスナーからの反応は薄くなります。


声の大きさや声色、喋り方は、人の印象を大きく変えます。小さい声だったり、気に触るような喋り方であったりすると、その調子に合わないと思うリスナーは次回以降視聴してくれなくなります。

 

また、ライブ配信時の服装やメイク、背景などに気を使っていないと、魅力的な配信にならないケースが多いです。

 

イベント参加でギフトをもらう

17ライブの限定イベントへ参加してみたり、ギフトを多く貰えるようにライブ配信の内容の工夫をしたり、背景を華やかにしたりするのも効果的です。メイクや衣装や髪型にも拘ると、キャラクター性を高められるので注目を集められる要素になるでしょう。

 

大きく稼ぎたいなら「認証ライバー」になろう

17ライブ認証ライバー

 

「17ライブは稼げない?儲からない!」という声も聞かれますが、上記で説明した通りしっかり基本を守って配信すれば、報酬を得ることは可能です。一般のライバーでも、ライブ配信さえできれば、誰にでも可能性は広がっています。

 

しかし、大きな金額を稼ぎたい、今より報酬をアップしたい、17ライブで有名人になりたい・・・と思うなら「認証ライバー」を目指しましょう。

 

17ライブの「認証ライバー」になると、注目度が高まり人気が爆発します。また認証ライバーとして契約することで報酬率(還元率)がアップし、より効率よく収入が増えていきます

 

17ライブ認証ライバーになるには?

17ライブ認証ライバーになるには、応募後に審査を受ける必要があります。応募に資格や条件は特にありません(年齢・性別不問)。

 

所定の審査を通過するとまずは「準認証契約」を交わします。

 

準認証ライバーとは正式な認証ライバーになる前の見習い期間のようなもの。準認証ライバーが

1)当月のベイビーコイン獲得数10,000c以上、
2)1カ月の配信日数が10日以上
3)フォロワー数250人以上
(締日は毎月の月末5営業日の前日まで)


上記3つの条件をクリアすると「認証契約」へランクアップできます。

また、17ライブとの契約には「ダイレクト契約」とエージェンシー(事務所)を通す方法の2通りあります。

「ダイレクト契約」は文字通りライバーと17ライブが直接契約を交わす方式です。一方、エージェンシー契約は、ライバーは提携ライバー事務所と契約、間接的に17ライブと繋がる形になります。

いずれの契約でも順認証ライバーから認証ライバーへの昇格条件は変わりませんが、報酬内容の相違が出てきます。

 

17ライブとライバーのダイレクト契約とは?

ライバーが17ライブと直接契約する「ダイレクト契約」には「独占契約」と「非独占契約」の2通りがあります。

 

「独占契約」とは17ライブのみで配信を行うライバーに対しての契約で、報酬の還元率が

 

◆獲得c(ベビーコイン) × 1/3 × (1-0.4) × 30% + ボーナス

と規定されています。非独占契約は17ライブの他にも動画配信を行うライバーに対する契約で、

◆獲得c(ベビーコイン) × 1/3 × (1-0.4) × 25%

 

の還元率で報酬を獲得できる契約となります。当然ですが、17ライブと独占契約となったほうが、より高還元率で報酬を得ることが可能になります。

 

17ライブで稼げない、儲からない?と不安があるなら、イチナナの報酬の仕組みをしっかり理解するのが先決です。

 

まったくの初心者であっても、月数万円程度であれば一般ライバーで報酬をもらっている人がたくさんいると認識しましょう!

併せて読みたい!【17ライブ】おすすめ記事はコチラ!

17ライブで禁止事項・やってはいけないことは?イチナナのNGワード・禁止ワードも公開!


 

17ライブ飲酒解禁!イチナナでお酒を飲みながら配信OKとなった理由や禁止事項とは?


 

17ライブのラジオ配信解禁!イチナナの暗闇配信(顔出しなし、声だけ)のやり方!


 

  • コピーしました

 この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

net-de-aoiro62

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: