17ライブ(イチナナ)

17ライブでカラオケ配信はOK?やってはいけない禁止事項やJASRACへの著作権申請方法

目安時間 6分
17live カラオケ配信
  • コピーしました

スポンサードリンク

 

17ライブのカラオケ配信でできること(やってもいいこと)、できないこと(禁止事項)を解説します。

 

また、実際にイチナナでカラオケ配信するときのやり方、音源の使い方。17ライブでカラオケ配信するため、「JASRAC」へ申請する必要があるので、イチナナのカラオケ配信の著作権について説明します。

カラオケ配信はOK?やってはいけない禁止事項は?

まず、17ライブでカラオケ配信を行う際には、配信の禁止事項が設けられているので注意が必要です。

 

17ライブの運営会社である17 LIVE Inc.は、JASRACと包括的な契約を行っているので、アプリから使用許諾の申請が行えます。

 

17ライブで禁止しているのは、カラオケボックスの店舗にある機器から流れているカラオケ曲、カラオケアプリから流れる曲を使って配信する事です。

 

この場合、17ライブで対応する事が出来なくなってしまうので、結果的にJASRACに無断で曲を使っている事になってしまうからです。

 

この状況が続いていると、結果的にアカウントがBANされてしまう恐れがあるので、無用なトラブルを避ける為にも、禁止事項を確認して17ライブでカラオケ配信を行いましょう。

 

17ライブではカラオケ配信を行う事は出来ますが、配信の禁止事項にJASRACが管理している曲を使う時に使用許諾を結ぶ必要があり、カラオケボックスの機器から流れる曲は使えないという事を覚えておくと、どの曲が使えるのかどうかが分かります。

 

ルールを守って配信を行えば、カラオケ配信においてBANされる事はありません。

 

カラオケ配信で使う曲選びをしっかりと行う事で、トラブルに巻き込まれずにカラオケ配信を続けられます。

 

 

スポンサードリンク

17ライブでJASRACに著作権の使用申請する方法

 

17ライブでカラオケ配信するため、「JASRAC」へ申請する必要があります。イチナナのカラオケ配信の著作権について説明します。

 

著作権侵害にならないようにするには、JASRACで管理されている音源に関して使用許諾の申請を行えます。17ライブのアプリには、使った曲を申請する機能が備わっています。

 

JASRACへの使用許諾の申請を行うには、この機能を使う事で行なえます。カラオケ音源をBGMとして使う場合も同様で、この申請の仕方で迷わずに使用許諾申請を行えるのは安心です。

 

アプリの申請機能にアクセスするには、「注目」の項目をタップし、下にスクロールしていくと「使った楽曲を報告」という項目があるので、それをタップするとJASRAC楽曲使用申請というフォームが出てきます。

 

17ライブのID、あるいは氏名を入力します。「JASRAC作品コード」の項目をタップすると、作品名でコードを検索出来るようになっているので、それで作品コードを探し、先程のフォームに作品コードを入れます。

 

次に、歌詞のみを使用するのか、曲も利用するのかというIVT区分のラジオボタンを選択します。

 

原詞訳詞区分では、オリジナル曲であるのか、カバーであるのかを申請する事が出来ます。IL区分は、国内作品であるのか、海外作品であるのかを申請します。

 

そして、最後に再生回数と再生曲数を入力して申請して完了です。

 

 

スポンサードリンク

イチナナのカラオケ配信のやり方は?

イチナナ カラオケ

イチナナのカラオケ配信のやり方、音源の使い方を解説します。

 

イチナナでカラオケ配信を行うには、CDやDVDから抽出して使う事は出来ません。この場合、JASRACとは別の申請が必要になってくるからです。

 

カラオケボックスに設置されている機器から流れる音楽も禁止されています。Youtubeからダウンロードをする場合、YoutubeがJASRACと契約をしているので、そこからダウンロードして使う事が出来ます。

 

JASRACの申請無しでカラオケ音源を確保したのであれば、自作の曲や著作権フリーの音源サイトで配信されている物を使うという手があります。

 

自作の曲であっても、JASRACに登録しているのであれば、使用許諾申請が必要になってきますが、そうでなければ、著作権の侵害は全く無いので安心してカラオケ配信が行えます。

 

著作権フリーの音源サイトを使う場合は、サイトのルールを確認しておきます。ルールに反する使用方法は認められていません。

 

多くの場合、作曲者のクレジット表記をしてくださいというケースが多いので、そのルール通りに配信の説明欄などにクレジット表記をしておくと一層著作権侵害になるのを防ぐ事が出来ます。

 

カラオケ配信は人気になるほど、著作権侵害でのトラブルが増えがちですので、JASRACの管理曲を使う場合はJASRACへの申請を忘れずに行い、著作権が煩わしい場合は、自作曲や著作権フリーの音源を活用してカラオケ配信をすると良いでしょう。

  • コピーしました

 この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

net-de-aoiro62

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: