美容

ピコレーザーとQスイッチの違いとは?美容の医療用レーザーの機能を比較!

目安時間 8分
美容クリニックの施術
  • コピーしました

スポンサードリンク

 

肌のシミやくすみ、色素沈着などスキンケアのトラブルを解消する美容クリニックでは、医療用レーザー機器により治療が行われます。美容レーザー照射には数種類あり、代表的な「ピコレーザー(PICO)」と「Qスイッチ」の違いについて機能比較をしてみます。

 

肌のトーンアップにお悩みでクリニック受診をお考えなら、一度チェックしておくと役立つでしょう。

ピコレーザーとは?PICOレーザー治療の特徴について

女性の美容で「シミ取り」をしたい方に使われる美容医療用レーザー。その1つであるピコレーザーは、「ピコ秒」といわれる1000倍速いピコ(1兆分の1秒)」で照射をすることができるレーザー機器です。

 

従来のレーザー治療は、ナノ秒(10億分の1秒)でレーザー照射をしているので、約100倍のスピードと性能が上がったことがわかります。

 

ピコレーザーは地肌に負担をかけないよう、弱い出力でも皮膚の奥深くまでしっかりとレーザーを届けることができるようになり、素肌への悪影響が低減しました。

シミ取り効果が格段にアップ

PICOレーザーでは、従来のレーザー(ナノ等)では破壊できなかった微粒子サイズにメラニンを砕くことができるので、色素沈着の出現率が軽減するだけではなく、より少ない治療回数で効果を実感できます。

 

一回の治療費では料金が高額に見てても、トータルコストではいままでのレーザー治療より安い費用で治療を完了できるでしょう。

 

そして照射時間が短いだけではなく、シミやクスミにピンポイントに集中照射をすることができるので正確性が高く、失敗や再治療のリスクを抑えることに成功しています。

 

そのためピコレーザー治療では、照射時の痛みや炎症、色素沈着を最小限に抑えることができ、肌の周辺組織にダメージを与えることなく治療を行うことができます。

 

ダウンタイムが短期間ですむピコレーザー治療

シミ取り等の施術を受けてから、肌の状態が元の状態へと戻るまでの期間のことを「ダウンタイム」といいますが、ピコレーザーはこのダウンタイムも最小限に抑えることができます。

 

そのため、短期間でシミ取りをしたい、かつ痛みは少ない方が良いという方におすすめの美容医療用レーザーと評判です。比較的新しいレーザー機器なので、いまだ普及率は高くないかもしれませんが、医療機関のホームページなどで取り扱いの有無はわかるようになっています。

 

ピコレーザー治療のレビューや口コミも広まっていますので、肌の沈着にお悩みの方は一度ご確認ください。

Qスイッチ(Qスイッチレーザー)とは?特徴を説明

では次に、Qスイッチ(Qスイッチレーザー)とはとのような機器であるか?Wスイッチの特徴を説明していきましょう。

 

「Qスイッチレーザー」とは、濃いシミ・ソバカスの治療に使われるシミ取りを目的とした美容医療用レーザーのこと。強いエネルギーのレーザー照射が可能なことが特徴で、数秒でしかも他のレーザーに比べてよりキレイにシミ取りができると評価れています。

 

Qスイッチ(Qスイッチレーザー)の強いエネルギーのレーザー照射により、レーザーがシミの元となるメラニンを変性させ、異物として排出させるメカニズムになっています。

さらに、「レチノイン酸」などの外用薬「イオン導入」などを組み合わせることで、より効果的に、綺麗にシミの除去ができるようになりました。

 

Qスイッチ(Qスイッチレーザー)の照射を受けてからのダウンタイム(ダメージを受けた肌が元に戻る期間)も短期間で回復します。

 

施術後の一時的にかさぶたこそできますが、翌日からメイクや化粧も可能なので、ダウンタイムは短期間といえるでしょう。

施術後のダウンタイムもごく短期間

ダウンタイムの期間がレーザーが照射された患部に紫外線を当てないように指示されます。しかし紫外線に当たらなくても、できたカサブタが剥がれた後に色素沈着が起こる可能性があります。

 

医療用レーザーによる炎症後色素沈着は失敗ではなく、施術後に起こりうる副作用です。この副作用に対応するための治療も準備されています。地肌の状態や体質によって、事前に医師と相談しておくとよいでしょう。

 

また、Qスイッチ(Qスイッチレーザー)の照射による痛みは、多少なりとも伴います。
痛みに弱い方は麻酔テープなどの対策アイテムも有効ですので、遠慮せずに医師に相談することで安全・安心な診療が可能になります。

ピコレーザーとQスイッチの違い・比較

ピコレーザーとQスイッチレーザーは、シミ取りはもちろん、ほくろ除去などに効果があり、実際の美容クリニックでも両方の施術方法が行われています。こちらでは、ピコレーザーとQスイッチの違いを比較してみます。

 

ピコレーザーとQスイッチの共通点

ピコレーザーとQスイッチは、どちらもシミ取り治療のための美容医療用レーザーです。

肌の患部にレーザーを照射しますので一時的に赤みやほてり、腫れが出るといった炎症が起こる場合あります。

 

施術後に肌の状態が元へ戻るまでのダウンタイムについては肌の露出を控え「紫外線を当てないように」指示されることはピコレーザーとQスイッチどちらも一緒です。

 

ピコレーザーとQスイッチの違いを比較

スキンケアする女性

 

レーザー照射によるしみ取り施術後は、色素沈着が起こる可能性があります。これは想定される副作用ではありますが、ピコレーザーであれば比較的この副作用が抑えられると評価されています。

 

ピコレーザーは、Qスイッチレーザーの1/1000時間で照射するため、熱による肌へのダメージを与えにくいからというのが理由です。

 

この特徴によるピコレーザーのメリットは他にもあり、放射時の痛みが軽減されるので麻酔を使う回数や頻度を減らす効果があります。そのため、施術にかかり治療費も安く抑えることが可能になります。

 

ピコレーザーのメリットには、出力を弱めた「ピコトーニング」や、射線を分散させた「ピコフラクショナル」というレーザーの当て方を変えるやり方があります。これにより、患者の肌に合った治療の幅が広がるので、より安全安心の方法を選択できます。

 

ピコレーザーとQスイッチのどちらを選ぶか

一方、「Qスイッチレーザー」にもメリットがあり、比較的簡単に施術が受けられること、治療費も安くなるなど治療の程度などにより選択することです。

 

また、シミ、肝斑、そばかす、くすみ、ADM、タトゥー(入墨・刺青)など症状によっても変わってきます。治療に当たっては医師に肌の状況を診断してもらい、より安全で最適な治療方法を選択しましょう。

 

このように、シミ取り用の美容医療用レーザーでも、性能や治療方法に違いがあります。肌のくすみ取り、トーンアップをの希望があれば、専門クリニックの説明を理解して、比較検討の参考にしてください。

 

  • コピーしました

     美容   0

 この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

net-de-aoiro62

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: