ライブ配信

インスタライブのアーカイブで自分の動画を保存する方法・手順

目安時間 6分
インスタライブ アーカイブ 保存
  • コピーしました

スポンサードリンク

 

インスタライブでの配信動画を保存しておきたいとき、自動保存が出来ないので少し面倒ですね。そうしたケースではインスタのストーリーで自動保存はできますが、他の人の配信動画は保存できません。

 

そこで、スマホやパソコンでのアーカイブ方法を説明いたします。

スマホでインスタのアーカイブを保存する方法・手順

動画や音声などで「アーカイブ」とは配信した映像を保管する機能になります。

 

ライブ配信者であれば自分のライブ動画をアーカイブ(保存)する機能があるのでストーリー機能の設定で自動保存することができ、いつでもアーカイブを削除することが出来ます。

 

インスタライブは自動保存出来ないが、インスタの「ストーリー」は自動保存できるということです。

 

ただ他人の配信やコラボした動画は、アーカイブ機能を使う事ができません。

 

以前お話した配信のアーカイブをiPhoneならコントロールセンターにある「画面収録」からAndroidなら「AZ スクリーン レコーダー」を使い録画し保存する事は可能です。

 

インスタライブを保存・録画する方法(スマホ・PC)は?配信者・視聴者の場合

 

また、インスタライブで配信したものは、ストーリーに共有する事で24時間公開されます。24時間を過ぎてしまうと、配信後にアーカイブされたインスタライブは消えてしまい録画・保存できませんので注意しましょう。

 

iPhoneやAndroidでインスタライブを保存する方法の説明をします。

アイフォンやアンドロイドのスマホでインスタライブをアーカイブする方法です。

 

まず、インスタライブを保存するには、ライブ配信が終わったら右上の終了するをタップします。同じ右上の場所に保存すると表示されますので保存で完了です。

 

ストーリーにシェアするには、同画面の下にシェアすると表示されていますのでそこからシェアできます。

 

保存をし忘れてしまった場合や、24時間以内にシェアを忘れてしまうと後から保存する事が出来なくなってしまうので保存をすることを忘れないようにしましょう。

パソコンでインスタのアーカイブを保存する方法・手順

インスタライブ アーカイブ PC

 

パソコンのアーカイブの保存の方法として、アーカイブを「IGTV」という動画共有アプリを使ってアップロードし投稿・公開する方法があります。

 

最初に、配信が終了した後に「IGTVをシェア」をタップしカバー写真を選択します。

 

その後にタイトル・詳細・シリーズを設定し投稿する事になります。

 

IGTVに投稿できる動画の長さは1~60分と時間が決められているので、短いと投稿が出来ず長い場合は時間に注意しながら配信を区切る等注意してください。

 

このやり方であれば24時間など限定などにはならず、視聴することが出来ます。

 

ただ、この「IGTV」の公開にはいくつか注意する点があります。

動画共有アプリ「IGTV」の使い方

「IGTV」で共有された動画は、通常の録画ファイルと違い保存内容にコメント・質問カード・視聴者数が表示されずに保存されてしまいます。

 

コメント表示がなくなってスッキリはしていますが、コメントの内容がわからないというデメリットもあります。生配信時の流れで、どの内容に対しての応答・発言を自分自身がしているのか、わからないというデメリットがあります。

 

次に、保存したものを公開する際に、フォロー以外・友達以外にも公開する事になってしまいます。

 

その場合は非アカウント設定にするなど状況によって使い分けが必要ですし、個人情報が映っていないかの確認の上、投稿する必要があります。

 

インスタでアーカイブを保存・共有するメリットは?

インスタライブでアーカイブとして保存すると、リアルタイムで配信していなくても興味を持ってくれた人やフォロワーさんにアプローチが可能になります。

 

生配信を見に来れない時など、多くの人にアーカイブを見てもらい次の配信の時の話のネタや新規の人に興味を持ってくれるでしょう。

 

ご自身の保存された配信であれば、YouTubeやTwitterなどにも動画として載せられるという面でも、動画を保存しておくことは、拡散するためにも必要なことになってきます。

 

配信はリアルタイムなので、後から見てもらいたい場面など保存しておくと、加工してより面白い動画に編集することもできます。

 

せっかくのインスタライブ保存機能なので、フォロワーさんを伸ばすなど上手く活用してみて下さい。

 

  • コピーしました

この記事を書いた人

net-de-aoiro62

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: