育毛

CUシャンプーのメリットとデメリット|良い点・悪い点を口コミから解析

目安時間 9分
チャップアップシャンプー メリット デメリット
  • コピーしました

育毛のCUシャンプーは、アミノ酸系オーガニックシャンプーとして好評ですが、その評価の内容について解析してみましょう。

 

もちろん良い点だけでなく、改善点や不評の部分もあります。
そこで、口コミ評判からメリットとデッメリットをピックアップしていきます。

チャップアップシャンプーの良い点・メリット

・頭皮の洗浄効果が高いので、血行がよくなり頭皮の硬化を防止してくれる。自分で触っても、頭皮が動くようになった。

・毛穴に詰まったギトギトの皮脂や汚れが除去される。汗をかいてもベタつきにくくなった。夕方になってもサラッとした感覚が持続している。

・頭皮の臭いで困っていたが油っぽいニオイが気にならなくなった。ベタ付きがない。

・ゴワゴワだったけど指通りが良く髪質の改善につながった。長髪・ロン毛でも、髪のきしみや傷つきが減る。

・猫っ毛、くせ毛でもハリやコシが感じられる。雨の日でも、今までほどセットが決まらず困ることがなくなった。

・まだ6か月ほどだが抜け毛が少なく、分け目も目立たなくなった(気がする)

・洗い上がりがさっぱりして気分がいい。ノンシリコンでも突っ張った感じがせず良い。

・保湿効果が高いので乾燥肌の自分でもフケが出にくくなった。

・効果のほどは、合う・合わないもあると思う。気のせい?的な部分や思い込みも左右するかな。

・チャップアップのシリーズ、トリートメントや育毛剤も併用すると、より効果的なようだ。お金が許せば。

チャップアップシャンプーのデメリット(良くない点)

・CUシャンプーと使うと頭皮がかゆくなった。

⇒まれに、頭皮の痒みを感じる方がいるようです。これは、CUシャンプーの有効成分により血流(血の流れ)がよくなり、活性化することで痒みが出るケースです。これは、頭皮や地肌に働きかえている良い兆候だとも受け止めて問題ありません。
かゆく感じても、引っ掻いたりせず我慢するようにしてください。強くかきむしってしまうと、頭皮を傷つけ外傷や血が出たるする可能性があります。

もし、数日たっても痒みが収まらない場合や違和感を感じたなら、CUシャンプーの使用を止め、皮膚科などの専門医に診断をウケましょう。

・シャンプーした後の2度洗いが手間
CUシャンプーでは、2度洗いを推奨していますが、市販のシャンプーであれば一度洗い流しアワが落ちれば問題ありませんが、Cuシャンプーは2度洗が基本です。

これは、頭皮に余計な成分が残り汚れにつながるからです。しっかりシャンプーの成分を洗い流すことで、清潔な頭皮が保たれます。

どうしても面倒なので1回でもいいですか?といった人は、使用を控えたほうがよいかもしれません。

・詰め替え用がないのでコスパが悪い
一般のシャンプーでは、経済性やエコの観点からボトル入りと中身だけの詰め替え用が用意されています。

ただし、CUシャンプーの場合はその都度ボトルに入った状態でも販売になります。これは、古くなることで成分の劣化を防ぐためです。詰め替えする際に、古いシャンプーが残ったまま足してしまうこともあり、清潔とはいえません。また、成分が効かなくなるだけでなく、悪影響を与えかねない恐れがあります。

良い成分でも、古くなって効果がなくなれば意味がありません。ですので、いつでも新鮮な状態で利用するがベストです。

・定期コースの解約が手間
どんな商品でも同じですが、「使ってみたけど効果が実感できない」という人も一定数いるものです。(体質の合う合わない、使い方の問題、感じ方の差など)
途中で購入を辞めるには、契約を解除するアクションを自分でしないといけません。定期コース解約が面倒だったり、ついうっかり忘れてしまったケースもあるようです。
購入者ののほとんどは、格安になる定期コースでスタートするため、もし止めたいときは早く解約しましょう。

 

・他社ブランドとの相性、バランスが良くない
シャンプー以外の育毛剤(トニックやリキッドなど)、リンスやトリートメント(コンディショナー)を使っている人も多いはず。CUシャンプーを買って、他社のアイテムと同時使用は注意が必要です。含有する成分同士の相性が悪かったり、成分が重複して過剰になる危険があります。CUシャンプーを買う前に手持ちの育毛剤などと互換性を調べるか、チェックしておきましょう。相乗効果を狙えるのは、やはり同じチャップアップシリーズの育毛剤なので、効果を重視するならセットで切り替えることをおすすめします。

 

CUシャンプー成分の特色やセールスポイント

まず、CUシャンプーの「ウリ」である成分の効果性を、公式サイトなら探ってみました。

 

1)ノンシリコン
2)無添加(自然素材・オーガニック)オーガニック成分10種類配合
3)弱酸性タイプ
4)アミノ酸系洗浄成分の絶妙な配合
5)RO(逆浸透)膜による高純度の水を使用

 

育毛系の頭髪関連製品でよく聞く成分もありますが、それぞれ詳しくチェックしてみます。

1)従来のノンシリコンシャンプーの弱点を克服
人工的なシリコン不使用であるノンシリコン系ですが、肌触りやツヤの部分でややお取ります。そこで、CUシャンプーでは、従来のノンシリコンの弱点である「髪がきしむ」「艶が出ない」「指通りが悪い」といったデメリットを解消することに成功しました。
その理由は、アミノ酸系洗浄成分とオーガニックの成分を絶妙に配合し、ノンシリコンを弱い部分を改善しました。

 

2)オーガニックエキス10種類の自然派シャンプー
無添加である特徴の1つに、植物由来の自然派オーガニック成分を10種類も配合していることです。
原料として選ばれたものは下記の10種類です。

・セージ葉エキス
・ローズマリー葉エキス
・キュウリ果実エキス
・タチジャコウソウ花/葉エキス
・ラベンダー花エキス
・セイヨウサンザシ果実エキス
・アルテア根エキス
・カミツレエキス
・ゴボウ根エキス
・トウキンセンカエキス

こうした頭皮や頭髪の健康・成長に導くオーガニック成分を独自に配合しています。

オーガニック成分の何が効果的かというと、アレルギーや肌質の弱い方でも頭皮のトラブルになりにくいからです。

 

つまり、天然の植物由来で刺激の強いものや副作用を使用していないため、安全性の新来も高くなっています。

3)弱酸性の成分で頭皮や毛髪に刺激が少ない
人間の肌は、酸性・アルカリ性で言うところの「弱酸性」の性質を持ちます。シャンプーやボディーソープでよくある「弱酸性」ですが、肌に優しいことで使用時のトラブルや地肌への悪影響を防いでくれます。

 

これは、シャンプーの頭皮に働きかえる役割が大切だからです。もちろん、毛髪自体にもダメージが少なく、優しくケアができるシャンプーだということです。また、や副次的な効果としてはカラーリングやパーマの時に使用される残留アルカリの除去にも役立つ性質があり、髪に優しいのです。

4)良質のアミノ酸系洗浄成分を配合
髪をいたわる特徴として、洗浄成分にアミノ酸系を採用。頭皮や頭髪の汚れをしっかり落としながら、髪の保護も行ってくれる特質があります。アミノ酸系成分の中でも、とくに希少性の高い高級はアミノ酸成分となっています。影響として、肌質の弱い方や痛みやすいデリケートな髪質に対しても、例外なく使用できる安全な品質が効果的である。

5)純度に高い水を使用、有効成分を働きを助ける
シャンプーの品質において、含有成分はもちろん「水」の役割も大きく関係します。実は、シャンプーの構成比では水の割合が最も高く、高純度の水を採用することで、不純物のない清潔なシャンプーとなります。CUシャンプーでは、最近話題のRO水(逆浸透膜)を採用して、極限まで濾過された高純度な水を実現して有効成分の効果を最大限に引き出すのである。

 

  • コピーしました

この記事を書いた人

net-de-aoiro62

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: